スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天保十二年のシェイクスピア』作業開始

2011年02月20日 16:39

天保十二年のシェイクスピア [DVD]天保十二年のシェイクスピア [DVD]
(2006/06/21)
唐沢寿明、藤原竜也 他

商品詳細を見る


ひょんなことから2011年は井上ひさしという新たな開拓地を開くことになりました…。
とはいっても、シェイクスピア絡みで、取り扱う食材は『天保十二年のシェイクスピア』という一点のみですが…。
日本文学と英文学の共同作業をするという目的で、お題が「ユーモア・笑い」。
偉い先生方にお誘いを受け(見捨てられてなかったことが嬉しい!)、
共同研究をさせていただくことになりました。
基本的にオフィーリアのいるところへはどこへでも行きたいし、
彼女のためならなんでもするので、
今回も「オフィーリア」狙いで二つ返事をしました…。

天保十二年のシェイクスピア (1973年) (書下ろし新潮劇場)天保十二年のシェイクスピア (1973年) (書下ろし新潮劇場)
(1973)
井上 ひさし

商品詳細を見る


で、(DVDはまだ見ていないのですが、)早速この書物を一冊読んでみました。…

――うわぁ、濃いぃ…(汗)

とりあえず、お冬ちゃん(作中でのオフィーリアちゃんもどき)と、
もひとつやるとしたら、お光ちゃんあたりを取り上げようかな…と。

で、私に割り当てられた下作業(GWまで)が、
「1972年までに出版されているシェイクスピアの作品の訳本リストを作成する」…。

…規模が大きすぎて、果たして自分の手に負えるか非常にに不安…。
てか、何見たら載っているのだろう…?
とりあえず(本当に)少しずつネット検索してはいるものの、
如何せん自分要領が悪いから、右往左往してる感…。

どげんしょ…。

ちなみに、お誘いくださった日本文学の先生の専門が宮沢賢治で、
前に中也の会で賢治と中也の関連について聞いたのをふと思い出したりして、
「文学ってつながってるんだなー」って実感。
これでもう少し時間があれば、文句ないんだけど…。

溜め息ついてても、作業は進まないよ、って分かっちゃいるんですがね…。ふぅ。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/707-b0213493
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。