正か邪か生か死か問題だ♪

2011年07月31日 14:36

てんぽーじゅーにねん
天保十二年のシェイクスピア (1973年) (書下ろし新潮劇場)天保十二年のシェイクスピア (1973年) (書下ろし新潮劇場)
(1973)
井上 ひさし

商品詳細を見る


井上ひさし『天保十二年のシェイクスピア』。必要に迫られて、とりあえず、7月下旬に3回弱精読しました…。
で、縁あって「劇団新感線」のDVDを見ました。

これ、すげーわぁ。

①私、テレビドラマ「大地の子」以来の上川隆也のなんちゃってファンなのですが、
上川さん、やっぱすごすぎる! 原作の台本読んだだけだと、三世次はイマイチ嫌なヤツキャラくらいにしか思わなかったけど、この舞台の三世次はカッコイイ!(ぇ)
「ことば・ことば・ことば」の歌とか演出も面白い&ビックリだし!
楽しい気持ちになりました!(悲劇なのに!)

②清滝の婆がカワイイ!
ばばあなのに! 動きがカワイイ!!!>▽</
口調が移っちゃって、仕事場で思わず何を言うのにも芝居がかってました(笑)
もちろん、ばばあの真似!!

③王次とお光の「好いた同士に」の歌が楽しい☆
「す~いた同士に☆ うれし~~や春は☆」って一緒に歌いたくなる(爆)

④王次の通称「問題ソング」も嫌味がない!


これは、蜷川幸雄演出の王次役藤原竜也版で較べるとよくわかります。


蜷川幸雄演出のほうが、台本(原作)に近いのではないかしら。
井上ひでのり演出(王次役阿部サダヲ)版ではカットされた「邦訳の列挙」の場面も忠実だし。


舞台の華やかさは井上ひでのり演出のもののほうが圧倒的だし、面白さも嫌味のなさも井上版のほうがいいかもしれません。ただ、井上ひさしの原作に忠実なのはやはり蜷川版のほうでしょうから、その辺も加味するべきかも。

とりあえず、井上版は、歌がめっちゃおもしろくって、楽しい気持ちになりました☆
この濃いぃ~~~台本、ちょっと嫌な気持ちになる台本を、面白く感じられたのは収穫です~☆
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/734-8e397fd9
    この記事へのトラックバック


    Articles