スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせの王子(1)

2011年10月31日 17:38

【しあわせの王子】 (冒頭)
   オスカー・ワイルド 作
   Shallot B.訳

 街を見下ろせるほど高く、高い円柱のうえに、しあわせの王子の像が立っていました。
 良質な金の薄い金箔で前身を覆われていましたし、眼には輝くふたつのサファイアが嵌め込まれ、剣の柄には赤く大きなルビーが輝いていました。
 王子は街の人々からとても讃えられていました。「風見鶏のように美しい」と市議のひとりが言いました。彼は芸術的趣向のある者なのだという風評を得たかったからです。しかし、「あいにくそれほど役には立たないがね」と、付け加えました。というのも、人々に「この市議は実利に疎い」と思われることがこわかったからです。実際彼は滅法実利には疎かったのでした。
 お月様が欲しいと言って泣いている子供にむかって、「どうしてしあわせの王子様みたいにいられないの? 王子様は何かを欲しいなんて夢にも思わないのよ」と良識ある母親が言いました。
 「この世にとてもしあわせなひとがいるなんて、嬉しいこった」と、素晴らしい彫像を見つめながら、あらゆる望みを失った男が呟きました。
 眩しいほどに緋色のマントを着て、清潔な白いエプロンをした孤児たちが、聖堂から出てくるときに言いました。「しあわせの王子様は天使みたいだね。」
 すると、数学の先生が言いました。「どうしてそんなことが分かるんだね。天使なんて見たこともないのに。」
 「ああ! でも、僕、見たことがあります。夢のなかで」と、その子は言いました。すると、数学の先生は顔をしかめ、とても厳しい表情になりました。というのも、子供たちが夢見ることを良しとしなかったからです。



『しあわせの王子』(2)
『しあわせの王子』(3)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/749-87260726
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。