スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の歌

2012年01月22日 19:16

冷たい手を伸ばすと
何かに届きそうな気がする
それが
善か悪かはわからない
どちらでもないのかもしれない

でも…

冷たい手をかざすと
何かが見えそうな気がする
冬の薄光のむこうに
白く耀く太陽に

遠い昔
冬がすべての母だったころ
北の山々を女神の老婆が造ったころ
伝説の泉を飲み干して
若返った女神が
春をもたらしたころ

冬は
揺るぎない意志をもって
空気を凍てつかせた
そして それから
春をもたらしたのだ

冬は
忍耐を要する
そしてすべてが生まれる
春は 老いた女神の
青春の泉のもたらすもの

冬の寒さは
すべてを育むもの
この手の冷たさも
すべてを生み出すもの
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/761-29443735
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。