スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォルテールとギボン

2012年01月28日 18:04

Lausanne!

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、105-108連
    バイロン作  Shallot B.訳

105.
ローザンヌよ! フェルネイよ!
おまえたちふたつの場所に刻まれた偉人の名は残っているのだ。
危険な道を行き、永遠の<名誉>へと続く小径を探し求め、
見つけ出したのは、露命の人間たち。
神話の巨人族のように、その度量は大きく、
神鳴りを呼び、天の炎がまた落ちてくるような<思想>を、
豪胆な疑念のうえに積み上げるという高き志を持っていた。
――その間、人間と人間の探求について、
もし天が微笑む以上のことをしてくださるというのであればの話。

106.
そのうちのひとり、ヴォルテールは烈火のようで、
希願(ねが)いについては移り気な子供にようで、
気質についてはいろいろと、お気楽で深刻で賢くて放縦という具合、
歴史家、詩人、哲学者をひとまとめにしたようなひとだった。
人のうちでは変身変化、人間の才気を持ちながら、
変身と予言の能力のある海神プロテウスだった。
でも、その才能は人を嘲るときがいちばんだった、
風のように好きなところを駆けめぐり、馬鹿者をぶっ倒すかと思いきや、
王座を揺るがすという具合、なにもかもを傾かせた。

107.
もうひとりのギボンは、深々とゆっくりと、思索を尽くし、
学問に歳月を費やし、叡智を蓄え、
瞑想に耽り学問をもって励み、
鋭い刃を持つ武器を造り、
厳かな冷笑で荘厳な教義を萎えさせた皮肉の魔術師で、
その術は敵どもに恐怖心を芽生えさせ、
憤怒に陥れ、
狂信者の設けた<地獄>へと己を堕とすことになった。
すべての疑念に対する雄弁な解答が「堕地獄の刑」なのだ。

108.
だが、ふたりの御霊の安らかなることを――
値するのなら、彼らはその代償を払ったのだ。
責めるのはもとより、裁くのは我々ではない。
そのようなことがあまねく知れ渡り、
希望も恐怖も、睡みによってひとつの枕のうえへと宥められ、
灰燼へと朽ちてゆくときがきっと来るのだ。
我々が信じているように、もし遺灰が甦るのなら、
それは当然の報いを受け、耐え忍ぶためなのだ。


108連のashesにこめた句がいいと思います。
久々に訳して、四苦八苦でした(汗)


CV.

Lausanne! and Ferney! ye have been the abodes
Of Names which unto you bequeathed a name;
Mortals, who sought and found, by dangerous roads,
A path to perpetuity of Fame:
They were gigantic minds, and their steep aim
Was, Titan-like, on daring doubts to pile
Thoughts which should call down thunder, and the flame
Of Heaven again assailed―if Heaven, the while,
On man and man’s research could deign do more than smile.

abode:((文・法律))住所,住居,居所;((おどけて))家,うち
bequeath:〈A(後世の人)にB(知識・制度・作品など)を〉残す,伝える
gigantic:非常に大きな,巨大な;莫大(ばくだい)な
daring:[形]大胆な,勇気の要る,恐れを知らぬ,向こう見ずな
assail:〈人・物を〉執ように激しく攻撃する;〈人・場所を〉(武器などで)襲う((with ...))
the while:その間
deign:〈目上の人が〉もったいなくも[かたじけなくも](…)してくださる


CVI.

The one was fire and fickleness, a child
Most mutable in wishes, but in mind
A wit as various, - gay, grave, sage, or wild, -
Historian, bard, philosopher combined;
He multiplied himself among mankind,
The Proteus of their talents: But his own
Breathed most in ridicule, - which, as the wind,
Blew where it listed, laying all things prone, -
Now to o’erthrow a fool, and now to shake a throne.

The one:ヴォルテールのこと
fickleness:〈人・愛情が〉心変わりのする,移り気な
mutable:変わりやすい;移り気の,気まぐれな
Proteus:ギリシャ神話プロテウス:変身と予言の能力のある海神.
list:((英古))(他)〈物・事が〉〈人の〉気に入る;〈人が〉…を好む,〈…するのを〉望む((to do)) 、(自)欲する
prone:((形式))うつ向きの,うつ伏せになった;平伏した,ひれ伏した


CVII.

The other, deep and slow, exhausting thought,
And hiving wisdom with each studious year,
In meditation dwelt―with learning wrought,
And shaped his weapon with an edge severe,
Sapping a solemn creed with solemn sneer;
The lord of irony, - that master-spell,
Which stung his foes to wrath, which grew from fear,
And doomed him to the zealot’s ready Hell,
Which answers to all doubts so eloquently well.

The other:ギボンのこと
studious:よく勉強する,勉強家の,学問好きの;学習[学問]の;学問的な
wrought:((古))workの過去・過去分詞形
Sap:〈活力などを〉徐々に奪う;[sap A of B]A(人)からBを奪う


CVIII.

Yet, peace be with their ashes, - for by them,
If merited, the penalty is paid;
It is not ours to judge,―far less condemn;
The hour must come when such things shall be made
Known unto all, - or hope and dread allayed
By slumber on one pillow, in the dust,
Which, thus much we are sure, must lie decayed;
And when it shall revive, as is our trust,
’Twill be to be forgiven―or suffer what is just.

merit:〈賞罰などに〉値する(deserve)
allay:(他)((形式))〈不安・疑いを〉静める;〈苦痛・空腹を〉和らげる
just:〈価格・要求・賞罰などが〉適正な;正当[当然]の,
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/762-5e19a956
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。