スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が愛の子よ!

2012年06月24日 17:15

六義園のあじさい2012

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、115-118連
    バイロン作  Shallot B.訳

115
我が娘よ! おまえの名でこの歌が始まったのだ、だから
我が娘よ! おまえの名でこの歌を締めくくろう。
私にはおまえの姿は見えないし、声も聞こえない、しかし
私よりもおまえに夢中になっている者はいない。おまえは<友>だ、
その<友>へと遙かな歳月の影がのびてゆく。
おまえが決して私の顔を見詰めることがなくっても、
おまえの父親の心臓は冷たく、その遺灰からではあるが、
時が来れば、私の声はおまえの将来の姿へと混じり合い、
遺したものや声として、おまえの心臓へと届くだろう。

116
おまえのこころの成長を助けること、
おまえの些細な喜びの夜明けを見ること、
おまえが育ってゆくまさにその様子を傍で見守ること、
おまえの知らない驚きの、色々な知識を蓄えてゆく姿を見てあげること、
優しい膝の上に軽く抱き寄せて、柔らかい頬に親としてキスしてあげること、
――こんなことを、私はしてあげられなかったようだ。
だが、こんなことがありのままの私だった。
――実はね、ありのままの姿がどんなものかはわからないが、
こんな感じなのだと思う。

117
だが、つまらない<憎しみ>を義務として教え込まれたとしても、
私の名が、惨めな、断ち切られた親子の資格に満ちた呪文だとして、
おまえから締め出されたとしても、
私はおまえが私を愛することはわかっている。
墓石が閉じられ、私たちが隔てられたとしても、――変わりはしないさ、
私はおまえが私を愛することはわかっている。
おまえの存在から我が血を抜き取ることを目的とし、実現したとしても、
そんなことはすべて無駄なことだろう、
それでもおまえは私を愛し、後生大事に私を思ってくれるだろう。

118
<愛>の子よ! 諍いに生まれ、
<擾乱>に育ってゆくにしても!
諍いと擾乱は父親の本領なのだから、おまえにとっても同じこと。
まだおまえの周りはその様子だが、おまえの炎は穏やかになり、
希望も遙かな高みに上るだろう!
ゆりかごでの眠りが快いものであるように!
海を越えて、私がいま息づく山々から、
私は喜んで、おまえにそのような祝福をふわりと送ろう。
溜め息混じりに、――おまえが私にとってそうだっただろうと思いながら。


全世界の、娘を持つお父さんの気持ち…(娘がかわいいと認識している限り、ですが。)なのかな~。
バイロンが嫡子エイダに持っていた父親としての思いは、
期待も含めて、凄く大きかったとわかる3編最後の4連。

この後、愛人のクレアが生んだ娘アレグラ(=非嫡出)にはかなり冷たい仕打ちをして
(友人の詩人シェリーに預けて修道院に預けさせた。彼女は5歳で亡くなった。)
シェリーからけっこう非難轟々だったのを思うと、やっぱりエイダのことはひとしお可愛く思ってたんだろうな~…って。

親が一番上の子に思わずプレッシャーを与えてしまうのも、この辺が理由かな~。

…話がそれました!>U<

とりあえず、これで3編までの訳終了!
(114連訳したのが3ヶ月前っていうビックリ!)
4編にとりかかるの、ちょっと待っててね!
そして4編はなんと186連(!)もあるので、全編訳し終わるのは、多分3年以上先になるはず…。

気長に、気長に!!



CXV.

My daughter! with thy name this song begun!
My daughter! with thy name this much shall end! -
I see thee not―I hear thee not, - but none
Can be so wrapt in thee; thou art the Friend
To whom the shadows of far years extend:
Albeit my brow thou never should’st behold,
My voice shall with thy future visions blend,
And reach into thy heart, - when mine is cold, -
A token and a tone, even from thy father’s mould.

be wrapt in:=be wrapped up in ... …に没頭して[夢中になって]いる
Albeit:[接]((文))…ではあるが(although);…であろうとも(even though)
brow:((詩))顔つき,表情
vision:見えるもの,光景,姿
mould:土、地面、(死体から転じて)塵


CXVI.

To aid thy mind’s development, - to watch
Thy dawn of little joys, - to sit and see
Almost thy very growth, - to view thee catch
Knowledge of objects, ―wonders yet to thee!
To hold thee lightly on a gentle knee,
And print on thy soft cheek a parent’s kiss, -
This, it should seem, was not reserved for me―
Yet this was in my nature: - as it is,
I know not what is there, yet something like to this.


CXVII.

Yet, though dull Hate as duty should be taught,
I know that thou wilt love me: though my name
Should be shut from thee, as a spell still fraught
With desolation, and a broken claim:
Though the grave closed between us, - ’twere the same,
I know that thou wilt love me― though to drain
My blood from out thy being were an aim,
And an attainment, - all would be in vain, -
Still thou wouldst love me, still that more than life retain.

dull:無味乾燥な、おもしろくない,単調な,退屈な
fraught:((古・詩))(物を)満載した((with ...)). (悪意・危険に)満ちた,(…を)伴う((with ...))
attainment:達成,獲得,到達


CXVIII.

The child of Love! - though born in bitterness,
And nurtured in Convulsion! Of thy sire
These were the elements, - and thine no less.
As yet such are around thee, - but thy fire
Shall be more tempered, and thy hope far higher!
Sweet be thy cradled slumbers! O’er the sea,
And from the mountains where I now respire,
Fain would I waft such blessing upon thee,
As―with a sigh―I deem thou might’st have been to me!

bitterness:苦味;苦しさ,つらさ;皮肉;反感,うらみ
Convulsion:(社会的・政治的などの)激動,動乱,動揺
element:(生物の)本来の生息地;(人の)本来の活動領域,本領
temper:平静,冷静,落着き
respire:呼吸する,息をする.
Fain:((古・詩))[副]((wouldと共に用いて))喜んで,進んで,快く
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/778-bad27649
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。