an ancient brand

2012年07月28日 16:00

いにしえの 炎の焼印
いまもなお 血液のなか
血球の ひとつぶ ひとつぶの
薄膜の表面で 疼いている

いにしえよりつづく 悪胤
いまもなお 衝動に駆り立てるもの
癒すことのできない 炎の感触
精神を無秩序にするもの
関連記事


コメント

  1. 俊樹 | URL | -

    あなたの炎に触れました。

  2. Shallot Barbarina | URL | -

    Re: タイトルなし

    >俊樹さん
    コメントありがとうございます! 炎の詩は久しぶりでしたが、
    読んでいただけて光栄です。 またよろしくおねがいします~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/782-fe024821
この記事へのトラックバック


Articles