スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いにしえのヴェネチアを思う

2012年08月04日 20:25

Venice Monet

【チャイルドハロルドの巡礼】第4編より、1-4連
    バイロン作  Shallot B.訳

1
ヴェネチアの「嘆きの橋」に私は立った。
両側には、宮殿と監獄。
魔術師が杖を一振りして出したよう、私には
ヴェネチアの建物が波間から湧き出るのが見えた。
千年の歳月が煙る翼を広げ、私を包み、
いまわの<栄光>が遙かな昔日に微笑みかける。
そのころ、多くの属国が眼を向けたのは、
翼の生えた「獅子」の、大理石の大建築物の数々、
ヴェネチアは威厳をもってそこに構え、幾百の島々に君臨していた。

2
ヴェネチアは海の女神のようだ。わだつみから生まれたてで、
貴やかなしぐさで、遙か遠くに聳える塔のティアラをして立ち昇り、
海洋とその強国を支配する。
それが彼女だった。
娘たちは諸国からの略奪品から持参金を得て、
ヴェネチアの膝元には、
無尽蔵の<東洋>が眩い宝石を雨霰と降り注いだ。
彼女は紫衣を纏い、支配者たちが彼女の饗宴に列し、
己の威厳も増すものと考えた。

3
ヴェネチアではかつて聞かれた船頭のタッソーの歌の呼びかけは、もう聞かれず、
ただ歌なき船頭が静かに櫂をこぐだけ。
その宮殿は波打ち際へと崩れ落ち、
耳にも今では音楽が入ってくることは常ならない。
あのころは失われてしまったが、まだ<美>はここにいる。
国が滅び、業[わざ]が色褪せても、
<自然>は死なずに、かつてヴェネチアがどれほど高貴であったかを忘れはしない。
あらゆる祭の陽気な場所、
現世の仮装舞踏会、イタリアの祝祭!

4
しかし、我々には歴史や強大な権力を揮った肖像画の
長い回廊のなかで、その名が魔力を宿している。
その薄暗い姿は、ヴェネチア総督を失った街の、
消滅した統治に落胆している。
リアルト橋とともに朽ちることのない記念碑こそ我らのものだ。
シャイロック、ムーア人、そしてピエールは押し流されも掻き消されもしない。
[彼らこそ]アーチ橋の要石たちよ! 
我々にとっては、すべてが終わりを告げたとしても、
寂れた岸辺をにぎやかにするだろう。


いや~… 7月中にUPするつもりが、すっかり立秋も間近に…

いよいよ4編です!
始まっちゃいました…^^; がむばって更新せねば…(ぬぅ…)

冒頭のヴェネチア、一気にタイムスリップ☆
1連6-8行のO'erでタイムスリップして、
2連が中世、3-4連が現代(当時)。
タッソーの歌を船頭さんたちが歌いかけあっていた時代は終わりを告げ、
今では無言のままゴンドラが響かせているのは櫂の音だけ… 
バイロンはタッソー好きだったからねぇ…。

というわけで、
頑張りますので応援ヨロシク☆^^;



I.

   I stood in Venice, on the Bridge of Sighs;
   A palace and a prison on each hand:
   I saw from out the wave her structures rise
   As from the stroke of the enchanter’s wand:
   A thousand years their cloudy wings expand
   Around me, and a dying Glory smiles
   O’er the far times, when many a subject land
   Look’d to the winged Lion’s marble piles,
Where Venice sate in state, thron’d on her hundred isles!

the Bridge of Sighs:「嘆きの橋」、狭い運河のうえに架けられたもので、宮廷と監獄をつなぐ。ここを渡った囚人は死刑に処せられた。
enchanter:魔法使い,呪術(じゅじゅつ)師
wand:(特に魔法使いなどの)杖(つえ), 棒;魔法の杖(magic wand)
cloudy:雲状の
smiles O’er:時を遡って遙かな時代の「あの日」に微笑を投げかけている様子が描写されている。O’er(=over)が時を遡って微笑みかけている先を示している。日本語では「に」で訳出するのが精一杯。
subject:臣下,家来,被統治者,(特に君主国の)国民,臣民;((通例the ~))((集合的))国民,臣民
the winged Lion:ヴェネチアの象徴。
marble piles:ヴェネチアの建物。大理石で造られているものが多いらしい。
look to:〈人が物・場所などの〉方向を見る,に目を向ける
pile:((主に英))大建築物(の群れ)
in state:豪奢に、威厳をもって


II.

   She looks a sea Cybele, fresh from ocean,
   Rising with her tiara of proud towers
   At airy distance, with majestic motion,
   A ruler of the waters and their powers:
   And such she was; ―her daughters had their dowers
   From spoils of nations, and the exhaustless East
   Pour’d in her lap all gems in sparkling showers.
   In purple was she robed, and of her feast
Monarchs partook, and deem’d their dignity increas’d.

Cybele:キュベレ:穀物の実りを象徴する小アジアで崇拝された女神
At airy distance:淡彩色にみえるほどの隔たりで
spoil:強奪[略奪,戦利]品
exhaustless:〈天然資源などが〉無尽蔵の,無限の
In purple was she robed:最高位を表す色がpurple。
partook:(出されたものを)食べる,(人といっしょに)食べる,(…を)相伴する((of ...));(活動などに)加わる,参加する((in ...));(成功・喜び・責任などを)分かち合う,ともにする((in, of ...))
Monarchs:世襲的君主;一国の唯一・絶対の支配者,独裁主権者


III.

   In Venice Tasso’s echoes are no more,
   And silent rows the songless gondolier;
   Her palaces are crumbling to the shore,
   And music meets not always now the ear:
   Those days are gone - but Beauty still is here.
   States fall, arts fade - but Nature doth not die,
   Nor yet forget how Venice once was dear,
   The pleasant place of all festivity,
The revel of the earth, the masque of Italy!

Tasso:(1544-1595) イタリアの詩人。長編叙事詩「エルサレム解放」によって、イタリア-バロックの偉大な先駆者と呼ばれる。牧歌劇「アミンタ」はメロドラマ(今日のオペラ)の祖型とされる。
gondolier:ゴンドラの船頭
crumble:粉々[ぼろぼろ]になる;〈家・壁・がけなどが〉(しだいに)崩壊する
festivity:祝祭の催し物[行事],祭儀,お祭り騒ぎ
revel:((文))底抜け[お祭り]騒ぎ;(ダンスや仮装舞踏会などを伴った)大騒ぎの宴.
masque:仮装舞踏会;お祭り騒ぎ


IV.

   But unto us she hath a spell beyond
   Her name in story, and her long array
   Of mighty shadows, whose dim forms despond
   Above the dogeless city’s vanish’d sway;
   Ours is a trophy which will not decay
   With the Rialto; Shylock and the Moor,
   And Pierre, cannot be swept or worn away -
   The keystones of the arch! though all were o’er,
For us repeopled were the solitary shore.

array:(文))衣装,美装
despond:(自)〈人が〉(…に)落胆[失望]する((of ...))
the Rialto:リアルト橋。シェイクスピア『ヴェニスの商人』に出てくる、商取引の行われていた橋。
Shylock and the Moor:シェイクスピアの作品に登場する人物。『ヴェニスの商人』のシャイロック、『オセロー』のオセロー。これらの作品の舞台はヴェネチア。
Pierre:イギリスの詩人トマス・オトウェイの悲劇『護られしヴェニス』(1682年)の登場人物。
repeople:…を再び住まわせる,再植民する
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/783-85668e40
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。