スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異邦人(イタリアのイギリス人)

2013年02月23日 18:20

【チャイルドハロルドの巡礼】第4編より、8-10連
    バイロン作  Shallot B.訳

8
私は異国のことばを学んだ、そして異邦人の目にも
異邦人と映らなくなった。自分では、
納得のいくことで、驚きはない。
人のいる、あ、いない国を
造るのは厭ではないし、見つけるのも難くない。
だが、理由は無きにしもあらずだが、ひとが誇るところに私は生まれた。
そして、たとえ私が賢く自由な人々の侵されない島を背に去り、
遙かな海辺にいるとしても、

9
私は故郷を愛するだろう。そうして、
もしも肉体から抜け出て納骨堂を選べるのなら、
ふるさとではない土に我が遺灰を埋めたとしても
我がこころは故郷へと戻るだろう。
私は自らの子孫に記憶されるという望みを
我が地の言葉で綴るのだ。
もしこの目的での熱望があまりに途方もなく気の遠いものなら、
もし我が運命が、我が幸運のように、
急成長を遂げては枯れるものであり、
鬱陶しい<忘却>が

10
死者たちが国家によって讃えられる寺院から
我が名を締め出そうというのなら、
そうするがいい、そして高貴な頭に月桂樹を輝かせるがいい!
私にはスパルタ人の墓碑を置けばいい。
「スパルタにはこの者より立派なひとがたくさんいた。」
それまでは憐れみを求めないし、必要もない。
刈った荊は自分で植えたもの、自業自得だ。
私は荊に引き裂かれては血を流す。
その種からどんな実が結ばれるのかを知っておくべきだった。


自分でスキャンダルを起こして、イギリスにいるのがいたたまれなくなって、
姉と娘を捨てて、自分からイギリスを去ったのに、
「帰りたいよ~、帰りたいよ~」って…^^;
勝手な男だねぇ… あ、そう思ったらいかんのか(汗)。

本当に、自業自得だと思うんだけど。
自分でわかっているだけいいってことかな(苦笑)。


VIII.

I’ve taught me other tongues, and in strange eyes
Have made me not a stranger; to the mind
Which is itself, no changes bring surprise;
Nor is it harsh to make, nor hard to find
A country with - ay, or without mankind;
Yet was I born where men are proud to be,
Not without cause; and should I leave behind
The inviolate island of the sage and free,
And seek me out a home by a remoter sea,

IX.

Perhaps I loved it well: and should I lay
My ashes in a soil which is not mine,
My spirit shall resume it - if we may
Unbodied choose a sanctuary. I twine
My hopes of being remembered in my line
With my land’s language: if too fond and far
These aspirations in their scope incline, -
If my fame should be, as my fortunes are,
Of hasty growth and blight, and dull Oblivion bar

*scope=aim
*bar:…を禁じる;〈人が〉(…するのを)妨げる,禁じる((from ...))

X.
My name from out the temple where the dead
Are honoured by the nations - let it be -
And light the laurels on a loftier head!
And be the Spartan’s epitaph on me -
‘Sparta hath many a worthier son than he.’
Meantime I seek no sympathies, nor need;
The thorns which I have reaped are of the tree
I planted, - they have torn me, and I bleed:
I should have known what fruit would spring from such a seed.
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/802-dcc37fd2
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。