スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014春までの読書その3(中世ヨーロッパ)

2014年03月29日 21:59

やっぱぁ、西洋の中世関連が面白すぎる…
読めば読むほど面白く…
ヤハリ道を誤った感があり…
そしてもしドラえもんが来てくれたら、お願いすることは、
池上俊一と岡田温司と池上英洋と黒川正剛と
金沢百枝と千足伸行と宮下規久朗の授業を受けさせてほしい、と。
…こんな大学の授業カリキュラムがあったら…!><


アダムとイヴ - 語り継がれる「中心の神話」 (中公新書)アダムとイヴ - 語り継がれる「中心の神話」 (中公新書)
(2012/10/24)
岡田 温司

商品詳細を見る

そうそう、ずいぶん前に読んだ『マグダラのマリア』の著者岡田温司に、去年の年末からドはまりしてます!


キリストの身体―血と肉と愛の傷 (中公新書)キリストの身体―血と肉と愛の傷 (中公新書)
(2009/05)
岡田 温司

商品詳細を見る

この本、めっちゃ面白かった!>▽<
おかげで『アダムとイヴ』の内容をすっかり忘れてしまうほど…(汗)
聖体パンが突然生肉に変化してしゃべりだしたり…あたりまでは「中世奇跡あるある」だと感じたけど、
さすがに、翼6本のキリストさんが空からやってきてビーム光線を傷口から発した時にはどうしようかと思った(笑)
あんまりインパクト強すぎて、周囲の人に喋りまくりました…
聞いてくれたみなさん、ありがとう! 優しさに感謝☆


正統と異端 - ヨーロッパ精神の底流 (中公文庫)正統と異端 - ヨーロッパ精神の底流 (中公文庫)
(2013/04/23)
堀米 庸三

商品詳細を見る

これは、すっごい内容がかたくてかたくて、草加煎餅よりきびしかったけど、
読んでためになったには違いないです。一気に「異端」の理由を整理できました。


死と復活: 「狂気の母」の図像から読むキリスト教 (筑摩選書)死と復活: 「狂気の母」の図像から読むキリスト教 (筑摩選書)
(2014/02/12)
池上 英洋

商品詳細を見る

これも面白かった! キーワードは、キリスト、オシリス、デュオニュソス、洗礼者ヨハネ。
やっぱ、キリストさんの血と肉がすごすぎます… スーパーマン…(ぇ)


最近、周囲の学生(中学~大学)向け教材にキリストさんが登場するとやたらにテンションあがるんですけど…
『聖☆おにいさん』みたいな扱いになってきてるんですが…(汗)
一時期ルシファーとか福音書のヨハネくんが出てくるとウキウキしてたのと感じが似てるんですが…
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/823-b8ceedba
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。