「ミラノ」展@文化村(渋谷)

2014年05月18日 13:42

DSC01759.jpg

渋谷の文化村で開催されている
「ミラノ ボルディ・ペッツォーリ美術館華麗なる貴族コレクション」展に行ってきました~♪

展覧会は、中世(私のククリの中では4世紀~18世紀)の後半のモノを中心に展示してあったので、
たぶん、まぁ一般ウケはしないんだろーなーと…
土曜の午後でしたが、比較的すいてました☆^^☆
おかげで、大好きな時代のモノたちをじっくり鑑賞できました!

大感動したのは、ルーカス・クラーナハ(父)の小品
「洗礼者ヨハネ・無原罪の御宿りの聖母と幼子イエス、二人の天使」
(1550-1552)という板絵(油彩)です。
左の画面に洗礼者ヨハネさん、右側に無原罪の御宿りのマリアさん。
小さい画面(それこそハガキサイズ×2)に、
よくぞここまで装飾を細かく描けるなぁ…
というほど、金の刺繍模様や髪の毛の微細な線が。
遠景の小さな町の様子も、三角屋根の、白い壁の家々がちゃ~んとある。
超絶技巧…☆☆>U<☆☆ 思わず息をのみました!^U^
たぶん、一日見てても飽きない… クラーナハ、やっぱすごい。
(一応、Webでの画像は、マリアさん→こちら、ヨハネさん→こちら。)

で、言うまでもなく、ハガキがにはなっていなかったので、
とりあえずイケメンの「紳士」のを買ってきました。
このイケメン紳士は大きい油彩で、等身大なのでした。
(ティツィアーノ・ヴェチェッリオに帰属「紳士の肖像」1515-1520年、油彩、カンヴァス。)

中世後期が好きな人にはオススメです☆^^☆
5月25日までの開催です☆
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/827-3c209b2b
    この記事へのトラックバック


    Articles