スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボッカッチョ『デカメロン』読了

2014年11月02日 20:34

今年(2014年)の正月に初めてページをめくって、ようやく読了しました!!

デカメロンデカメロン
(2012/10/11)
ボッカッチョ

商品詳細を見る


平川訳は、ダンテの『神曲』で既に経験済みで、とても読みやすいなぁと思っています。
「100物語」の異名通り、本当にいろいろな物語がありました。
実はあんまりイタリアの文化って(絵画以外)興味なかったのだけど、
この本を読んでとってもフィレンツェに行きたくなりました☆
とりあえず、ディオネーオくんの物語がどれも笑える…^U^;(てか、ヒドイ/笑)
パンピーネアさんは、めちゃきちっとしてて、憧れるなぁ…☆
個人的には、フィローストラト主宰の第四日のテーマが好きなんだけど、
本書の登場人物たちには大不評(爆)、でも、キーツの「めぼうき」のネタなんかも見つけて、わくわくしました!
とくにインパクト強かったのは、第八日第七話のパンピーネアさんの話した復讐劇…怖かったぁ><

というわけで、夏からこっち、毎晩とっても楽しみでした!
(冒頭のペストの酷い描写は、新年早々けっこうショックでした…人間界って、何も変わっていないというか、
アンダー・ザ・ドームもビックリというか…)

来年は、『カンタベリー物語』に挑戦しようかなぁ…?
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/834-eda79382
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。