スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年春分までの読書(中世ヨーロッパ編)

2015年03月25日 19:21

もはや、この読書の形跡を残すのさえ、一年ごとの更新に…><
とりあえず、中世ヨーロッパの精神史・美術史に関する書物から。


魔女とメランコリー魔女とメランコリー
(2012/03/02)
黒川 正剛

商品詳細を見る

中世末期(近世)における魔女の扱いを丹念に追った秀逸な書物です。素晴らしい。
デューラーのメランコリーの版画が、現代人にとってあまり「ユウウツ」な感じがしない理由がわかりました。


黙示録――イメージの源泉 (岩波新書)黙示録――イメージの源泉 (岩波新書)
(2014/02/21)
岡田 温司

商品詳細を見る

大好きな岡田温司の書物ということで、即購入しました。
前作の『マグダラのマリア』や『キリストの身体』と比べると、
少し詰め込みすぎかなぁ…という気もしましたが、
黙示録の知識は増えましたよ!^U^


中世の夢中世の夢
(1992/06)
ジャック・ルゴフ

商品詳細を見る

ル・ゴフの訳書が比較的購入しやすい価格で出ていたので。
大好きな池上俊一の研究に大きな影響を与えていることが分かる一冊でした。


お菓子でたどるフランス史 (岩波ジュニア新書)お菓子でたどるフランス史 (岩波ジュニア新書)
(2013/11/21)
池上 俊一

商品詳細を見る

池上俊一の、とても分かりやすいフランス史! そしていちいち美味しいそうなモノが出てくる…
絵も、めちゃカワイイ☆^U^☆
個人的に、カトリーヌ・ド・メディシスの下りがお気に入りです♪


処女懐胎―描かれた「奇跡」と「聖家族」 (中公新書)処女懐胎―描かれた「奇跡」と「聖家族」 (中公新書)
(2007/01)
岡田 温司

商品詳細を見る

岡田温司の実力本。マリアさまに神様から送られるビームがカッコ良すぎでヤヴァイ。
無原罪の御宿りは素敵すぎるし、ヨゼフの旦那はいい人すぎる…(笑)
キリストの身体』と同等の、内容のクオリティの高さを感じました。いや、すごいっス、まぢで。


魔女の世界史 女神信仰からアニメまで (朝日新書)魔女の世界史 女神信仰からアニメまで (朝日新書)
(2014/07/11)
海野 弘

商品詳細を見る

本当に申し訳ないのですが、すごーく大雑把で、大味な気がしました。
何でもかんでも魔女にすればいい、というものではないと思うのですが…。
期待を込めて衝動買いしただけに、ちょっと残念。


キリスト伝説集 (岩波文庫 赤 756-1)キリスト伝説集 (岩波文庫 赤 756-1)
(1984/08)
セルマ・ラーゲルレーヴ

商品詳細を見る

大変美しいキリスト教の新約聖書物語のリライト版。
詩的なだけでなく、登場人物たちの息づかいまで聞こえてきそうな、
ドラマチックでありながら、生々しい筆致が素晴らしいです。


異端者たちの中世ヨーロッパ (NHKブックス No.1165)異端者たちの中世ヨーロッパ (NHKブックス No.1165)
(2010/09/25)
小田内 隆

商品詳細を見る

カタリ派とワルド派は、同じ異端でも、全然違うんですね。
清貧を良しとする人々と、ローマ・カトリックとの対立。正統に刃向うって、大変なんだなぁ…。
研究書として、とても読みごたえがありました。


虹の西洋美術史 (ちくまプリマー新書)虹の西洋美術史 (ちくまプリマー新書)
(2012/12)
岡田 温司

商品詳細を見る

岡田温司の、虹にこだわった一品(?)。
ヨーロッパの精神史を読み解くうえでも、虹って語れるんだなぁ、と。
とりあえず、ミレイの「盲目の少女」が綺麗なのと、
バイロンとキーツが出てきたところでテンションあがりました。
それ以外の箇所も大変細かく解説されていて驚きました。


天使のひきだし―美術館に住む天使たち天使のひきだし―美術館に住む天使たち
(1995/12)
視覚デザイン研究所・編集室

商品詳細を見る

仕事で使うことにしたので、義務的に読みました。読みやすいですねぇ♪


バレンタインデーの秘密: 愛の宗教文化史 (平凡社新書)バレンタインデーの秘密: 愛の宗教文化史 (平凡社新書)
(2015/01/17)
浜本 隆志

商品詳細を見る

これまた、八重洲ブックセンターで衝動買い。
前半の中世末期まで、よく調べたなぁと感動。ローマとか、行きたくなりましたよ。
近代以降、ちょっと詰め込みすぎたかなぁという感じはありましたが、
けっこう一気に読めちゃいました。それだけ、興味を惹かれたということだと思います。


天使の姿―絵画・彫刻で知る天使の物語天使の姿―絵画・彫刻で知る天使の物語
(2005/10)
ローラ ウォード、ウィル スティーズ 他

商品詳細を見る

このシリーズは、カラーの図版が素晴らしいので、気に入ってます。
天使って、ヤハリ美人揃い……男性っぽくても女性っぽくても、ともかく、美人です。


天使―浮揚と飛行の共同幻想 (「叢書」象徴のラビリンス)天使―浮揚と飛行の共同幻想 (「叢書」象徴のラビリンス)
(1996/09)
ユッタ シュトレーター‐ベンダー

商品詳細を見る

天使は、もしかしたら、見ようという意志があれば見れるかもしれませんよ。
天使に会ったら何て言おうかなぁ。^U^
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/843-669ae82d
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。