スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年春分までの読書(ヨーロッパ文学編)

2015年03月27日 20:56

ヨーロッパ文学は、この三冊(←少なっ)。
本業とは思えない冊数の少なさです(汗)。
ф(-。-;)<だってぇ……中世とかアイヌのほうが…もにゃもにゃ……)
私の文学力は光文社古典新訳文庫さんにかかっているのです(ぇ)。


ポールとヴィルジニー (光文社古典新訳文庫)ポールとヴィルジニー (光文社古典新訳文庫)
(2014/07/10)
ジャック=アンリ・ベルナルダン・ド サン=ピエール

商品詳細を見る

ヴィルジニーがかわいそうすぎる…>_<;
でも、本当に気の毒なのは、ヴィルジニーのお母さんかなぁ。
なんだか、ロマン派の小説だなぁ~…という、なんとも月並みな感想でした。


女ごころ (ちくま文庫)女ごころ (ちくま文庫)
(2014/08/06)
W・サマセット モーム

商品詳細を見る

なんか、意外と爽快な小説でした。読後感がすごくいいですね!
探偵小説っぽいところなんかもあって。Very Goodでした。


赤い橋の殺人 (光文社古典新訳文庫)赤い橋の殺人 (光文社古典新訳文庫)
(2014/05/13)
シャルル バルバラ

商品詳細を見る

狂気とサスペンスな物語。
クールでシックなストーリー展開。
狂った真夜中の出来事や、最貧困層の現実と苦しみ。
いや~…、文句なしの面白さです!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/846-c756a9fe
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。