スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い山と、寺院の伽藍

2015年10月14日 16:07

最近、「Le Palais des Thés」(パレデテ)というお茶屋さんのお茶にはまってます。
事の起こりは、以前、三菱一号館美術館での、フランス系の展覧会があったときに、
お土産コーナーで置いてあったのを購入したことにあります。

モンターニュブルー(MONTAGNE BLEUE)
青い山。フランスの、日没のころの青い時間に、うっすらと光に包まれている山々を勝手に想像。
矢車菊の花びらから、一面夏の花咲く丘を思い浮かべて、なんか素敵な気持ちになります。
ラベンダーの香りもほのかに、ブルーベリーと蜂蜜が漂います。
しあわせ…☆

テ デ モアンヌ(THE DES MOINES )
チベットのラマ教の僧院に代々伝わる処方によってつくられているらしいのですが、
エキゾチックな甘い香りが、なんだか、壮大な寺院の伽藍を思い浮かべさせます。
紅茶と緑茶のブレンドということですが、少しさっぱりめの紅茶って感じ。
なぜか中世の、お香と神への信仰の記憶がよみがえったりして。

他にもいろいろ楽しんでいます♪
そのうちに続報も書けるかな?

http://www.pom.co.jp/
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/854-afe4a571
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。