スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月24日 02:43

 右手では、夏の夜明けが葉群や靄や庭園の片隅の物音を目覚めさせる。そして左手の勾配は菫色の物陰に、湿った路面に無数の急速な轍を抱えている。夢幻劇の連続。確かに。金色に輝く木製の動物たちや、色とりどりの帆布の帆を積んだ花車、全速力の斑模様のサーカス馬20頭、最も驚くべき獣たちの上には子供たちと大人たち。――まるで古代の四輪馬車か、郊外の町での牧人劇のために奇妙な服を身に纏った子供たちでいっぱいの、20台の乗り物は、御伽噺さながらに、形を変えられて、旗を飾られて、花で埋め尽くされていて。――夜の天蓋の下で棺さえも漆黒の羽飾りを立てて、青と黒の大きな牝馬たちが大急ぎで駆け抜けていって。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/86-071e9662
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。