ひとつの節目

2015年09月19日 15:05

個人的なことですが、

15年間続けてきた、ある先生とのランボー読書会が、
急遽、無期限中止となりました。
読書会を取り巻く環境が整備できなくなったためです。
このBlogでも、初めのころは、ランボーの詩を訳していたのですが、
これは、すべてその先生による無償でのご指導の賜物でした。

あまりにも突然のことで、今思い返すと、
さる7月10日が最後の読書会となってしまったので、
次の週も無理してでもやっておけばよかったかなぁと悔やまれます。
(でも、7月のスケジュールが、自分にはあまりにも過酷だと感じられたので、
申し訳なくも、10日で前期終了とさせていただいたのです。)
もう少し、できればあと3年、いや半年、少なくとも年内は、と思っていたので、
気持ちの整理がつかないまま、この週末を迎えることになりました。

最近は私の時間の使い方が良くないせいか、
予習もままならないまま、研究室に伺っていたので、
それも申し訳なく、ただ反省するばかりです。
この読書会の終わりには、
せめて先生と読んできた研究書の訳を出せたらなぁと願っていたので、
この作業は、私と、これから力を貸してくれそうな若い人とで行うことになりそうです。

先生の研究室の戸を、当時誘ってくれた友人とともに叩いてから、15年。
今思えば情けない論文を書いて、他の先生からダメ出しをされたときも、
経済的に行き詰っていたときも、
思うように仕事がとれなかったときも、

「新しいノートを作ると、なんだか元気が出てくるよ」
「今までの君を貫け」
「Les nuages quittent. Mais, le ciel bleu reste!」

などなど、そっと支えて下さいました。
決して強く檄を飛ばすのではなく、あくまでも、柔軟な支えでした。

ランボーも、中也も、三富朽葉も、ロートレアモンも、
みんな先生から教わったことです。
三富朽葉の全集の第一巻をお貸しくださって、
いずれ、朽葉の英訳を出せたらなぁと、夢を見たのも覚えています。

この読書会あっての、先生の教えあっての、この15年でした。

これは、きっと、ひとつの節目になります。
次の春がくるころまでに、先生に教わったことを、次にどうつなげようか、
整理できるといいなぁ…

今年も、もう処暑ですか。

2015年08月23日 00:06

虫の声が聞こえる季節になってしまいました。
小暑から処暑という、二十四節気のなかで、最も暑い時期には、
結局一度も更新せずじまいだったという、驚愕の事実…orz

今日、梅の頃以来久しぶりにお目にかかった恩師に、
「元気にしてたか?(^-^)/」と訊かれて、
「七月は死ぬかと思いましたが、何とか生きてますf(^ ^;)」と答えてしまいました。
本当に、忙しすぎて、やることが多すぎて、
「24時間戦えますか」どころの話ではなかったのです。
髪の毛が全部真白くなるか抜けるかと思ったよ…
でも、その怒涛の七月が終わったかと思いきや、
何故か疲労困憊通しの八月に突入。
お盆休みも、「寝正月」とはよくいったもので、まさに「寝盆」。

いろいろ面白いこともあったんですよ。
20年ぶりにある少女の漫画(作画)のお手伝いでペン入れとかしたら、
一枚もののイラストとか描きたくなったりしました(まだ描いてません)。

そして、今日は久しぶりに仕事以外の方々と交流してきました。
恩師に連れられての、柳宗悦についての勉強会でした。
懇親会の面白さに、最近気づくという(←遅い)……。
素敵な気分転換になりました~♪

まだまだやっつけるモノが多いので、
またちょっと頑張ります~

目標? 現実逃避?

2015年07月04日 14:12

忙しさにかまけて、
ネットで注文した本が積読になっているので、
もうちょっと(あと三週間!)くらいしたら、
夜更けの読書タイムの時間を延長したいです。

バタイユの『ヒロシマの人々の物語』、
パヴェーゼの『祭の夜』と『故郷』、
アン・ライス『呪われし者の女王』(上下)、
プラス3冊くらい。

ひとまず、七月中にローデンバックのエッセイ「ブリュージュ」の勉強をします。

が。

本当は、もう全部お仕事とかなかったことにして、
バリ島(←行ったことない)で眠りたいです^-^;)
いや、仕事はイヤじゃないんですが、
程度問題でありまして……orz

壮絶に忙しいので、
夢見がちな毎日をエンジョイしてますよ!^U^

薔薇の季節に寄せて

2015年05月26日 18:34

谷津バラ園2015の1

天使の話と悪魔の話だと、
圧倒的に悪魔の話のほうが愛嬌があって面白いと思ってしまう。
人間の弱さを描いているのは、圧倒的に悪魔のエピソードなのだろうねぇ。

天使は確かに美しい、
でも、どんなに憧れても、背中から翼は生えてはくれないのだよ…(笑)

ランボーも、小林秀雄も、洋の東西を問わず、
誰しも天国に憧れながらも、この世の地上を這いずり回っているうちに
一生が終わっているのかもね…。

近頃、地上では薔薇の美しい季節が到来。
この世の美しさが永遠に続けばいいと、
昔のひとは楽園を思い描いたのだろうなぁ。

多忙につき…(再び!?)

2015年03月01日 18:21

春になりつつある今日この頃。
必要に迫られて、天使に関する本を読んでいます。
悪魔のほうが、やっぱぁ面白いかなぁ。
男性風味にしろ、女性風味にしろ、美人が多いので目の保養にはなるけど(笑)

すみません、ちゃんとした記事の更新、
もうちょっと待ってくださいまし…><


Articles